あなたの症状は 背中、腰の症状

肋間神経痛

あなたはこのようなことでお悩みではありませんか?

  • ふとした動きでわき腹がピリッと痛む
  • 常に肋骨や背中に違和感を感じている
  • 胸の痛みや息苦しさがある
  • 深く息を吸うと肋骨に沿って痛みがでる
  • 笑うと痛みが強くなるので顔が引きつってしまう

上記のようなことでお悩みならぜひこの先を読み進めてください!

同業の先生も推薦する当院の整体でその辛い症状を改善します。

なぜ?今まであなたの肋間神経痛は良くならなかったのか?

―本当のすべての原因にアプローチできていないからです

肋間神経痛とは・・・

背骨の中を通る脊髄から左右12対の肋骨に沿って伸びる神経を「肋間神経」といいます。

肋間神経痛とはその肋間神経が何らかの原因で痛む症状のことを言います。

肋間神経痛は「症状」の名称であり病名ではなく、何らかの原因で肋間神経が激しく痛む症状を総称して「肋間神経痛」と言い、激しい運動をしている人や中年以降の女性がなりやすいと言われています。

 

―肋間神経痛の原因は大きく分けて2つに分類されます

  • 原発性肋間神経痛・・・肋間神経に全く異常がなく原因不明なもの
  • 続発性肋間神経痛・・・病気やケガなどが原因となって発症するもの

 

続発性肋間神経痛は骨折やヘルニアといった外傷や帯状疱疹や内臓疾患、腫瘍などから続発するものと考えられています。

またストレスや肩こり、デスクワークなどで同じ姿勢を長時間続けることで周りの筋肉の過緊張が起こり、それによって肋間神経を圧迫し「肋間神経痛」を引き起こすこともあります。

帯状疱疹が原因の場合は通常、帯状疱疹が緩解することで痛みもマシになりますが、「肋間神経痛」だけ残ってしまうこともあります。

 

―肋間神経痛に対し

一般的には・・・

・消炎鎮痛薬、シップ

・バンド固定

・ステロイド、痛み止め

・神経ブロック

・低周波

・温熱療法

・マッサージ

・鍼灸

などが行われます。

どれも結果的に出ている痛みや周囲の筋肉や神経に対するアプローチばかりです。

比較的軽度であれば上記に全身的な回復が伴えば改善も見込めますが、

長年患っていたり、日々の負担が大きく重度であればそれでは不十分かもしれません。

 

 

では「肋間神経痛」の本当の原因って何?

―「自律神経の乱れ」と「内臓機能低下」です

日々の生活習慣や食生活、ストレスなどで自律神経バランスが乱れたり、内臓機能が低下すると・・・

それに伴い体は弱っている部分を守ろうと体をゆがめます。

そういった状態が続き肋間神経が刺激され肋間神経痛が引き起こされます。

また、自律神経の乱れや内臓機能低下から免疫機能がさがりヘルペスウィルスに負けてしまい帯状疱疹から肋間神経痛に移行したり、

ストレスや長時間のデスクワークから自律神経が乱れて筋肉の過緊張や体のゆがみが引き起こされ、結果的に肋間神経が刺激され肋間神経痛が発症すると考えられます。

 

また他にも「内臓体制反射」によって肋間神経痛が起こることもあります

内臓体制反射とは内臓機能の低下や内臓に負担がかかりすぎるとその内臓と関連する神経や筋肉に影響が及び痛みや痺れを引き起こすもので

特に肋骨で覆われた胸郭内やすぐ下にある内臓の影響で肋間神経痛が引き起こされるのです

 

―自律神経って何?

自律神経は人間の生命活動(消化、吸収、排泄、循環、呼吸、免疫、生殖などをコントロールしていて、ほぼすべての身体の問題に直接的、間接的に関係していると言われています。

肋間神経痛にも大きく関係していて自律神経の乱れが脳や臓器、筋肉、神経に影響し「肋間神経痛を引き起こします。

 

自律神経が乱れる原因は人それぞれで、食生活生活習慣から症状を引き起こす人もいれば、メンタルストレス(喜怒哀楽などの感情の抑圧、強い不安や不満、プレッシャーなど)が原因になる人もいます。

多くの肋間神経痛の方はメンタルストレスが関係しているのでこの調整は必須です

それ以外にも化学物質や重金属、環境、ウィルス、内臓機能、脳、アレルゲン・・・など数えきれないほど原因になりうるものがあります。

本当の原因を無視してシップや痛み止め、ブロック注射など、限局的に症状を抑えることだけしていては、根本原因はそのままなので余計に長期化、重症化してしまいます。
 肋間神経痛を根本的に良くするには、人それぞれの原因を特定しそれに対して「自律神経」や「内臓機能」も整える必要があるのです。

 

 

ではなぜ、MARUMITUの整体であなたの肋間神経痛が良くなるのか?

根本原因を特定し、身体のゆがみだけではなく

自律神経、内蔵機能を整えることが出来る

独自の専門生態だからです!

 

整体サロンMARUMITUでは特殊な検査法で「身体のゆがみ」「重心のズレ」「内臓機能」 「自律神経バランス」をチェックし、

あなたの「肋間神経痛」を引き起こしている「自律神経の乱れ」や「内臓機能低下」の原因を300項目以上の中から特定します。

当院ではこの「検査」と「カウンセリング」を重要視しており、 できる限り原因を絞るように時間をかけてあなたのお話しを伺い、そして身体のあらゆる反応から原因を特定していきます。

さらに引き出したあらゆる原因に対しアプローチすることができる優しい刺激で無痛の独自の整体法で身体のゆがみなどはもちろん、自律神経の乱れを整え、内臓機能も引き上げていきます。

人間には健康に生活するために働く5つの力があります。

  • 体力
  • 気力
  • 免疫力
  • 回復・治癒力
  • 調整力

この5つの力を司るのが主に「自律神経」と「内臓機能」なのです。

自律神経や内臓機能が正常に機能できるようになって5つの力が働けば

自然とあなたの身体は「肋間神経痛」を克服していきます。

 

もしあなたが「肋間神経痛」に悩まれていて、いろいろ試したけど良くならずもうどうしていいのかわからないのなら・・・

一度、私にご相談ください。

 

あなたが「肋間神経痛」を克服するお手伝いをさせていただきます。

-あなたの症状は, 背中、腰の症状

© 2022 自律神経専門の整体サロンMARUMITU