あなたの症状は 背中、腰の症状

坐骨神経痛

あなたはこのようなことでお悩みではありませんか?

  • 座った状態から立ち上がるときに腰が痛い
  • 安静に寝ていてもお尻や腰がうずいて眠れない
  • 腰やお尻、足が疼いて座ってられない
  • 歩いていると痛みが増してくる
  • 朝は特に腰や太もものこわばりや痛みが強い

上記のようなことでお悩みならぜひこの先を読み進めてください!

当院の整体でその辛い症状を改善します。

 

なぜ?今まであなたの坐骨神経痛は良くならなかったのか?

―本当の原因すべてにアプローチできていないからです・・・

まず初めに知っておいてほしいことがあります。

それは「一般的に行われている対処法が余計に治りにくくしている可能性がある」ということです。

今まで様々な病院や整形外科、整骨院、整体院などにいっても「坐骨神経痛」が良くならなかった方を診させていただきました。

そこで感じたことは・・・

「坐骨神経痛」に対する見解や治療方針は先生によってバラバラだということです。

 

ある人は「坐骨神経が圧迫されて炎症を起こしているから安静にしておくように、それでも治まらなければ注射しましょう」と言われたり、

「筋肉が硬くなって坐骨神経を圧迫してしまっているのでしっかりストレッチしながら適度に運動をしていきましょう」と言われたという方もいらっしゃいました。

 他にもいろいろな見解があってそれに対する対処法も様々でした。

 

もちろん、それぞれの見解による対処法で良くなった方も多くいらっしゃるのでその先生はそうお考えなのでしょう。

でも、実際にそれでは良くならず長い間痛みに悩みいろいろな病院や整骨院を渡り歩く方がいるというのもまぎれもない事実です。

 その方たちの身体を診させてもらった結果、腰やお尻、足の筋肉だけが問題だった方はゼロでした。

現在どこに行っても全然良くならず長い間「坐骨神経痛」にお悩みの方は腰やお尻の筋肉だけではなく他に改善すべき原因があるのかもしれません。

 

坐骨神経痛の原因は腰や脚の筋肉ではない?

―痛み・シビレが出ているところ以外に原因があります

一般的に「坐骨神経痛」は何らかの原因で坐骨神経が圧迫され腰やお尻、足に痛みやしびれが起こると考えられています。

その原因は主に「腰部脊柱管狭窄症」や「腰椎椎間板ヘルニア」、「梨状筋症候群」などがあり、画像診断が主として行われています。

その診断から薬物療法やブロック注射、運動療法、外科的手術が一般的に行われます。

そういったことを続けているのに良くならない場合はそれ以外に原因があります。

 

そもそも・・・

なぜ?「脊柱管狭窄症」や「ヘルニア」、「梨状筋症候群」になったのでしょうか?

 

狭窄症やヘルニアの方はそういった病変に至るまでに必ず腰椎に負担がかかっています。

 

梨状筋症候群とはお尻にある梨状筋を貫いたり下を通っている坐骨神経や血管が梨状筋の過緊張によって圧迫され下肢にかけて痛みやしびれ、感覚異常が起こると考えられています。

 

では、なぜ梨状筋が過緊張するのでしょうか?

 

それは・・・日常生活における何らかの原因により体のバランスが崩れ、身体を支えるために梨状筋が過緊張してしまっているのです。

 

では、坐骨神経痛の本当の原因って何?

―改善のポイントは「内臓機能低下」と「自律神経の乱れ」です

坐骨神経痛を起こす全身のバランスの崩れや筋緊張をおこす原因は多岐にわたります。

  • 内臓のいずれかの臓器の機能が低下し、それに伴い周りの軟部組織が引きつり身体をゆがめてしまい骨盤や背骨がゆがんでいる
  • ストレスや生活習慣から自律神経のバランスが崩れ骨盤や背骨がゆがんでいる
  • 日常、同じ姿勢でいるため身体を支えるための筋肉が疲労してしまい骨盤や背骨がゆがんでいる

 

など、細かく数え上げればきりがないほど原因は人それぞれなのです。

 

そしてすべてのひとに言えることが・・・

「自律神経の乱れ」や「内臓機能低下」が全身的な歪みを引き起こしている

ということです。

 

そういったつながりを無視して腰やお尻、脚が痛いからと言ってマッサージしたり、シップを貼ったり、痛み止めを飲む、注射するなど、限局的に症状を抑えることだけしていては、根本原因はそのままなので余計に長期化、重症化してしまいます。

 

―自律神経って何?

自律神経は人間の生命活動(消化、吸収、排泄、循環、呼吸、免疫、生殖などをコントロールしていて、ほぼすべての身体の問題に直接的、間接的に関係していると言われています。

 

坐骨神経痛にも大きく関係していて自律神経の乱れが脳や臓器、筋肉、神経に影響し「坐骨神経痛」を引き起こします。

 

また自律神経や内臓機能、その他の身体バランスが正常に働くことで5つの力が働きます。

それが「体力」「気力」「免疫力」「回復・治癒力」「調整力」の5つです。

 

これらの力が十分に働くことで人は健康に生活したり、不調から回復できるのです。

自律神経が乱れる原因は人それぞれで、食生活生活習慣から症状を引き起こす人もいれば、メンタルストレス(喜怒哀楽などの感情の抑圧、強い不安や不満、プレッシャーなど)が原因になる人もいます。

 

多くの坐骨神経痛の方はメンタルストレスも関係しているのでこの調整は必須です

それ以外にも化学物質や重金属、環境、ウィルス、内臓機能、脳、アレルゲン・・・など数えきれないほど原因になりうるものがあります。

 

つまり自律神経の乱れや内臓機能低下を引き起こしている本当の原因を見つけ出しそれらに対処することで正常に生命活動が行われ5つの力も働きだします。

5つの力が働きだせば、あなたの身体は自然と元の状態に戻れるようになっていきます。

よく腰や背骨、骨盤のゆがみも坐骨神経痛を起こす原因だということを聞きますが、

「自律神経の乱れ」や「内臓機能低下」がその全身的な歪みを引き起こしています。

 

坐骨神経痛を根本的に良くするには、人それぞれの原因を特定しそれに対して「自律神経」や「内臓機能」も整える必要があるのです。

ではなぜ、MARUMITUの整体であなたの坐骨神経痛が良くなるのか?

根本原因を特定し、身体の歪みだけではなく

自律神経、内蔵機能を整えることが出来る

独自の整体院だからです。

 

整体サロンMARUMITUでは特殊な検査法で「身体のゆがみ」「重心のズレ」「内臓機能」 「自律神経バランス」をチェックし、

あなたの「坐骨神経痛」を引き起こしている「自律神経の乱れ」や「内臓機能低下」の原因を300項目以上の中から特定します。

当院ではこの「検査」と「カウンセリング」を重要視しており、 できる限り原因を絞るように時間をかけてあなたのお話しを伺い、そして身体のあらゆる反応から原因を特定していきます。

さらに引き出したあらゆる原因に対しアプローチすることができる優しい刺激で無痛の独自の整体法で身体のゆがみなどはもちろん、自律神経の乱れを整え、内臓機能も引き上げていきます。

人間には健康に生活するために働く5つの力があります。

  • 体力
  • 気力
  • 免疫力
  • 回復・治癒力
  • 調整力

この5つの力を司るのが主に「自律神経」と「内臓機能」なのです。

 

自律神経や内臓機能が正常に機能できるようになって5つの力が働けば

自然とあなたの身体は「坐骨神経痛」を克服していきます。

 

もしあなたが「坐骨神経痛」に悩まれていて、いろいろ試したけど良くならずもうどうしていいのかわからないのなら・・・

一度、私にご相談ください。

 

あなたが「坐骨神経痛」を克服するお手伝いをさせていただきます。

-あなたの症状は, 背中、腰の症状

© 2022 自律神経専門の整体サロンMARUMITU